知性の働き方とは -モンテッソーリの秩序感期教育-

モンテッソーリは「知性の原点とは、区別すること」と言いました。「同一性」と「区別」を見つけることで、子供は生きいきと自分から活動を発展させていきます。

知性の働き方とは

子供は「分析、集合、対応、比較」などして、 数学的知性を働かせているとモンテッソーリは言っています。

つまり「子供は動きながら学ぶ」ということです。

子供はドタバタと無秩序に動き回りながらではなく、 手を使って「分けたり、集めたり、合わせたり、比べたり」などをしながら、 知性を働かせているのです。

つまり、子供は「動きながら知性を働かせている」ということです。

子供でも黙々と活動しているのは知性を働かせている時

子供は「知性を働かせて動いているとき」は、黙々とした静けさが伴います。

大人は、子供の「敏感期」を見る目があることは大切ですが、 同時に子供の「知性の働き方」を見る目があることも必要です。

子供が夢中になって活動するのは、敏感期によるものだけではありません。

敏感期のエネルギーは、ある一定時期になると動物にでも内面から出てきますが、 人間は動物にはないもう1つの強烈な活動の原動力があります。 それが「知性」です。

知性が働くときには、子供でも黙々と主体的に自発的に活動を続けるのです。 だから、大人が子供の「知性の働き方」を見る目があると、 より的確に子供の活動を理解し援助することができます。

スポンサードリンク

本記事はモンテッソーリの幼児教育の概要を掲載しております。記事を参考にする際はご自身の責任のもと、育児にお役だてて頂けたらと思います。