モンテッソーリ教育法とは

モンテッソーリの教育法とはマリア・モンテッソーリが、どうしたら子供が自ら自立し、円満な人格形成をしていくか科学的に立証しました。 今、モンテッソーリの幼児教育が注目されています。

モンテッソーリ教育法とは

モンテッソーリ教育とは、マリア・モンテッソーリが、 どうしたら子供が自ら自立し、円満な人格形成をしていくか科学的に立証した幼児教育法です。

マリア・モンテッソーリは、1907年ローマに創られた「子供の家」 (現在はモンテッソーリ教育を実践する幼児教育施設)で 「子供は自らを成長・発達させる力を持っている」という事実を発見しました。

そして大人(親、教師)は、それぞれの子供の欲求に合った環境を準備し、 子供を援助すれば自ら自立し、円満な人格形成をしていくという事実を科学的に立証しました。

モンテッソーリ教具は子供の自己成長発達力を促す

モンテッソーリは独自の「モンテッソーリ教育法」を編み出し、独特の体系を持つ教具も開発しました。 現在の知育玩具の数々のほとんどがモンテッソーリの教具を原型に作られていると言っても過言ではありません。 教育は教え込むことではなく子供の自己成長発達力を促すため、 子供が何でも"ひとりでやれるように助けていく"豊かな環境つくりを準備することが大切であると マリア・モンテッソーリは唱えています。

モンテッソーリ教育をした結果、すばらしい成果をあげることに成功し、 当時のヨーロッパ、アメリカの教育界から多くの注目を集めることになりました。 こうしてマリア・モンテッソーリは生涯を子供たちの教育に捧げ、 1952年に亡くなるまで世界中にモンテッソーリ教育法を広めるために尽力しました。

スポンサードリンク

本記事はモンテッソーリの幼児教育の概要を掲載しております。記事を参考にする際はご自身の責任のもと、育児にお役だてて頂けたらと思います。


       次の記事  モンテッソーリ幼児教育の特徴    モンテッソーリ幼児教育の特徴
       前の記事  家庭でできるモンテッソーリ幼児教育サイトマップ    サイトマップ
       ホームへ  モンテッソーリの幼児教育法    モンテッソーリの幼児教育法